社会のインフラになる

“AIWISHが無くては困る”と言われるほどの価値を、お客様やユーザー、社会に提供する
存在意義の高い企業になる。また、社会に求められ続けるサービスを創る。
そのような企業になってこそ、スタッフが仕事にやりがいを持ち、仕事を楽しむことが出来る。

世の中に衝撃を

業界を問わず、世の中に衝撃を与えるレベルのサービスを提供出来なければ、
社会のインフラになれるような企業にはなりえない。
そのため、AIWISHは現在の当たり前ではなく未来の当たり前を創造し、
今よりも人々が豊かになる未来を生み出す使命を持っていると考えている。

AIWISHが大切にする10のこと

他にはない「AIWISHらしさ」「AIWISHだからこそ」がつまったプロダクトの創造・サービスを提供し、その分野でNo.1のサービスを創ろう。

仕事のための人生ではなく、好きなように生きる手段・自己表現の手段としての仕事と考える。
全員がハードワークを好むわけでもなく、個人の価値観も様々だからこそ、多様性を認めた環境作りに励む。
健全な企業経営を行うためのルールは順守しつつも、各個人の強みを活かせるどこにも負けない企業を創りあげよう。

一部分でも達成出来れば良いという「部分最適」ではなく、全体が良くなるための全体最適にのっとった行動がAIWISHにおいての正解となる。
目先のものにとらわれず、常に「先のこと」「全体のこと」を考慮した判断と行動をとろう。

役職、人種、国籍、環境に関係なく全員が常に謙虚な姿勢を持ちつつ、AIWISHはチャレンジャーであることを忘れずに、
誰でもチャレンジできる環境を創る。
ビジネスの世界にいる限りは一生全員が現状に満足をせずにチャレンジしていこう。

「世の中に衝撃を」与えるためには、スタッフにも、お客様にも、世の中に対しても常に相手の期待を良い意味で
裏切るようなサプライズを提供出来る力が必要。
その意識を持ち続けることで、どこにも思いつかないような「最高」を超える良いサービスを創り出すことが出来るようになる。

利益に繋がるとしても、本質的ではないこと、倫理的に「悪」であることは絶対に行わない。
ひとつの本質から逸れた判断がサービス、企業全体、社会に対しても影響することを忘れない。
自分が絶対的に「正しい」と思い、誰に対しても胸を張っていれるような判断をしたかという意識を持とう。

AIWISHは自社のスタッフを一番大切にするべきリソースだと考えている。
つまり、スタッフの満足度を高めてこそ、お客様にも最高のサービスを提供することが可能になる。
AIWISHで働くのが楽しい、誰もがAIWISHに入りたいと思うような企業になるために、
全員がどのようにすれば目標に近付くか、日々考え行動に移そう。

仕事に全力を注ぐことは前提に、プライベートや遊びに対しても本気になれる環境を創る。
スタッフ全員がプライベートや遊びを充実させてこそ、AIWISHが求める理想の仕事環境が実現出来てくる。

スピードは早いに越したことはないが、何でもかんでも「やってみよう」ではなく、
その前に準備できること、考えられることを考えてから、最速のスピードで突き抜けよう。

全てのことに妥協せず、最高を追求し続ける。最高を追求し続けることで、
最高を超えるものを提供し、常に最高を超えるような組織になろう。