HIDEKOのマチュアライフ

採用サイトを制作する前に知っておきたい3つのこと

 

最近、学生がエントリーする企業を決める為に重要なツールとなっているのが、
『採用サイト』です。
採用サイトとは企業のコーポレートサイトとは違い、採用情報に特化したサイトです。
今回はその採用サイトを制作する前に「なぜ採用サイトが必要なのか」などの知っておいて頂きたいことをまとめております。

16卒の学生100名、17卒の学生100名の計200名に実施したアンケート調査より以下のことがわかりました。

 

① 採用サイトを見る新卒学生は80%

なぜ採用サイトが必要なのか。

それは単純に就職活動中のほとんどの学生が採用サイトを見るからです。
では、なぜ採用サイトが必要なのでしょうか?

 

1.エントリー前に採用ページを確認する学生が多い

 

ここが一番重要になります!

アンケート調査の結果、エントリー前に企業の採用サイトを毎回確認する学生の割合は、
82%でした。
つまり、それだけの学生が採用サイトを見る”癖”があるということです。

 

2.ナビやSNSからのリンク先として設定してあった方がいい

ナビやSNSを活用する場合、リンクを貼る機会が多くありますが、その部分に採用ページをリンク先として設定することで、様々なツールの使い勝手が良くなります。

 

3.ナビでは伝えきれない自社の特徴を表現することが出来る

ナビでは他の企業と同じ項目でしか自社のアピールは出来ませんが、自社の採用サイトであれば、項目に関係なく自由に自社を表現することが出来ます。

 

② 採用サイトがエントリーに多大な影響をもたらす

同様のアンケート調査で、
「採用サイトが無く、エントリーしなかった経験がある」という質問に対し、
60%の学生が「経験がある」と回答しました。
大手志望の学生にも回答していただいているので、ベンチャーや中小企業も志望している学生に絞った場合は、よりこの割合が高くなります。

採用サイトがない場合の印象は次の項目で取り上げますが、エントリーに多大な影響を与える場合があります。

 

採用サイトのデザインも非常に重要

採用サイトがあるに越したことは無いですが、学生は、デザインが10年近く前のものであったり、いわゆる”ダサい”デザインの場合、採用サイトが無い場合と等しい評価をしてしまいます。
どのようなサイトがいいのかはまたの機会に記事をアップさせていただきますが、一言で言うと
「今どきのかっこいいデザイン」であることが必須条件です。

 

③ 採用サイトが無い場合がもたらす学生への印象


採用サイトが無い企業の印象は?

「採用サイトが無い、または簡素の企業に対してどのような印象を持ちますか?」
という質問の結果です。

・お金が無さそう
・不安
・情報が少ない
・何をしているのか分からない

という印象をほとんどの学生は企業に対して持ってしまいます。

名前の知られていない企業や中小企業は、元々上記の様な印象を持たれている可能性が高いのにも関わらず、採用サイトが無いせいで、重ねてその印象を強くしてしまいます。

そのように思われてしまうと、当たり前ですが、学生のエントリー率も下がってしまいます。

少し話はズレますが、今は就活生の親も子どもの就職先を気にしているので、信用度という部分では採用サイトが無い場合、親からの評価も低下してしまいます。

 

嫌でも大手と比較されます

今の就活生は大手から順番に企業を見たり、認知する傾向があります。
つまり、大手のかっこいいサイトを見た後に、中小企業を見に来るということです。
その時に自然と大手の採用サイトと比較されてしまいます。クオリティや予算で負けているのは仕方ないとしても、そもそも採用サイトが無かったり、簡素過ぎる場合は
採用サイトがあるのが当たり前と思ってしまっている就活生からすると、信用度が低くなってしまいます。

 

知られていないからこそ知って貰う必要がある

「自社の事を知られていないから知って欲しい」と相談に来る企業様は多いのですが、その知ってもらうツールの一つのはずの採用サイトを作っていないかったり、力を入れていない企業様が非常に多いというのが現状です。
知られていないからこそ、自社をより学生に知ってもらうために一番簡単に見てもらえるのが採用サイトです。イベントなどでリアルに学生と会ったとしても、興味を持った場合、帰ってから企業を検索します。その時に、採用サイトが無かったら学生がどのように思うのか。。
もう分かりますね?(^^)

 

まとめ

自社の採用サイトや採用ページは優先順位が後回しになったり、本腰を入れて作ることが出来ない企業が多いとは思うのですが、今回の調査でも分かったように、80%以上の学生が確認するため、採用に関して言うとかなり重要なツールになります。

合同説明会や採用イベントからの自社への動員率にも大きく関わるツールですのでこの機会に是非、自社の採用サイトを見直してみてはいかがでしょうか?

 

学生目線を徹底した採用サイトを制作しております

「作りたいけど、どのような形にしたらいいのかわからない」「学生に刺さる言葉や内容がわからない」などAIWISHでは相談を受け付けております。一般的なデザイン会社と比較すると、

・徹底した学生目線での制作
・現役の学生である弊社の学生インターンのチェックを経て完成

という採用コンサルティング会社だからこそ作れる採用サイトです。
興味がある方はお問い合わせからご連絡ください。